2018年度第1回睡眠研究部会

(2018.06.18更新)

以下の通り、2018年度第1回睡眠研究部会を開催致します。
多数のみなさまのご参加をお待ち申し上げます。

開催概要

日時:2018年7月29日(日)13:30~17:00
場所:東京工科大学 蒲田キャンパス 12号館 5 階 M512
(東京都大田区西蒲田5-23-22)
アクセス:JR蒲田駅西口徒歩2分
http://www.teu.ac.jp/campus/access/006644.html

プログラム

13:30-13:40    開会あいさつ

13:40-14:40
教育講演

タイトル:「人類における睡眠の意義(特に睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング検査)」
演者:櫻井進(東京工科大学医療保健学部臨床検査学科)

内容:日本人に多くの有病者がいる「睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome; SAS)」を題材に、SASスクリーニング検査について説明し、睡眠研究への応用について概説します。

14:50-15:50
Meet the Experts<生理人類学における睡眠研究を知る>

タイトル:「長時間生体記録法を用いた臨床睡眠研究」
演者:市丸雄平(東京家政大学名誉教授)

内容:自律神経系の測定を中心とした一連の臨床睡眠研究における豊富な研究事例を通じて、市丸雄平先生が考えておられる生理人類学のおける睡眠研究の在り方について伺います。

16:00-17:00
一般講演「睡眠覚醒機能の評価法」

講演1:「睡眠をはかる」
演者:榎本みのり(東京工科大学医療保健学部臨床検査学科)

内容:睡眠評価のゴールドスタンダードであるPSG(睡眠脳波)から脳波を使わない睡眠評価法まで、睡眠を測定する抵抗が少しでも減らせるようコツも含めてお話しします。

講演2:「覚醒をはかる」
演者:阿部高志(IIIS 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構)

内容:主観評価や脳波を用いず、客観的な覚醒度を非侵襲的な手法で高精度に測定する新しい覚醒度評価方法についてご紹介頂きます。

17:00-
閉会、懇親会(実費)

参加費

一般(日本生理人類学会会員) :1,000円
一般(日本生理人類学会会員以外):2,000円
学生(日本生理人類学会会員) :無料
学生(日本生理人類学会会員以外) :無料

参加申込

以下のリンクからお申し込み下さい(当日参加も受け付けます)。

参加を申込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です